成美堂出版 ファーストステップ詰将棋 1手・3手

キーワード検索
詳細検索





ファーストステップ詰将棋 1手・3手

好評「ステップアップ詰将棋3手・5手・7手」に続くビギナー必読の一冊。
初心者に向け「詰め」の概念をレクチャー。
1手詰で「詰んでいる」という状態を覚え、3手詰で「玉方の応手を読む」という練習をすれば、詰みの基本はわかったも同然。簡単な詰みを絶対に見逃さなくなり、勝率アップは間違いなし。
詰みの基本形がわかるからグングン上達できる!
実力判定チェック付き。

青野 照市

ISBN:978-4-415-32453-1
2018年02月19日発行
A6判 320ページ
価格 799円 (税込)

CONTENTS
 ◇ はじめに
 ◇ 詰将棋のルール

【第1章】 ファーストステップ 1手詰<54>問
玉方の応手がなく詰むので1手指せばよいのだが、詰みの形を認識できなければ正解にたどりつけない。この章は詰みに誘導できる手を、考えることができるようにするステップである。

【第2章】 ファーストステップ 3手詰<60>問
3手詰は玉方の応手も読む必要があるため難しくなるが、詰めの基本の手数である。この章では、玉方にどう応じられても詰む、正解の手を学ぶステップである。

【第3章】 ファーストステップ 類似局面問題 1手詰・3手詰<46>問
一見似ていても、正解の違う問題を揃えている。覚えた手筋が通用する場面と通用しない場面を見極めるステップである。
   ● 類似局面問題・1手詰
   ● 類似局面問題・3手詰

 ◇ あなたの正答数をチェック!
 ◇ あなたの実力判定
 ◇ おわりに
同一ジャンルの本