キーワード検索
詳細検索





生きるヒントとしての哲学者94の言葉

哲学者は、自分自身が多くのことを悩み、悩みを通して偉大なことを成し遂げ、豊かな人生を築いたのです。そして数多くの言葉をこの世に残しました。ですから、哲学者の言葉は、幸せに生きるためのヒントを教えてくれます。
希望を持って生きていく大切さも伝授してくれるでしょう。
困難を乗り越える勇気を与えてくれますし、仕事にどのような心構えを持つべきかも示してくれるのです。
古今東西の哲学者の「問題解決に使える言葉」を幅広くピックアップ。現代の身近な状況に対応する方法をやさしく解決します。

植西 聰

ISBN:978-4-415-40262-8
2019年06月10日発行
A6判 224ページ
価格 572円 (税込)

CONTENTS
【第1章】 希望を持って生きる
     希望は時に見えなくなる。だが失われることはない

【第2章】 ポジティブに生きる
     人生を左右するのは境遇だが、人生を前に進めるのは行動だ

【第3章】 幸福に生きる
     県名に生きることと幸福は、ほぼ同じものである

【第4章】 人の和の中で生きる
     本当に優れた人間は、他人を愚かだとは考えないものだ

【第5章】 仕事を楽しんで生きる
     没頭はあらゆる仕事から幸福を引き出す

【第6章】 苦悩の答えを得ながら生きる
     苦しみが大きいほど、得られる知恵も深くなる

【第7章】 心おだやかに生きる
     満足したいなら、ほどよく捨てよ、あきらめろ

【第8章】 知恵を磨きながら生きる
     いい目的を持ちなさい。いい知恵はそこから生まれる

【第9章】 やるべきことをやり遂げて生きる
     死を思うのは、もっとよく生きたいからだ

  <参考文献>
同一ジャンルの本