キーワード検索
詳細検索

new!

楽しく覚える百人一首

百人一首は、百首の和歌を集めたものです。
歌の意味や背景を、たのしいイラスト入りオールカラーで紹介しました。
和歌をもっと楽しめるコラムもいっぱい。
簡潔な解説で、百人一首に初めて触れる小中学生にぴったりです。
古典のことばなのですぐにはわからなくても、歌の意味をたどっていくと、昔の人の気持ちが、今の私たちと共通することに気づくでしょう。

あんの 秀子

ISBN:978-4-415-32607-8
2018年11月07日発行
A5判 160ページ
価格 864円 (税込)

CONTENTS
 ◇ 百人一首の成り立ち

◆ 百人一首
  • 秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ
  • 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
  • あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
  • 田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
  • 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき
  • かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きをみれば 夜ぞふけにける  ほか

<和歌にくわしくなろう>
  ♦ 「紅葉」をよんだ歌六首
  ♦ 「花」をよんだ歌六首
  ♦ 「月」をよんだ歌十二首
  ♦ 百人一首に登場する地名 ― 歌枕
  ♦ 「生き物」をよんだ歌八首

 ◇ 知っておくと役立つ言葉
同一ジャンルの本