キーワード検索
詳細検索





10分で読めるわくわく社会 小学5・6年

みなさんは、社会科の授業が好きですか?
「覚えることが多い」、「ことばが難しくてわからない」など、社会科がきらいな子もたくさんいるでしょう。五・六年生になると、いっきに増えてきます。
でも「世界の国名を覚えよう!」ではなく、「世界にはいくつの国があるかな?」と聞かれると、なんだかやる気が出てきて、調べてみたいな、と思いませんか?
「7つの県なのになぜ九州?」「国はいくつある?」「@の意味は?」など、社会について、楽しくちょっぴり深く学べるお話が満載。

山下 真一 監修

ISBN:978-4-415-32508-8
2018年06月21日発行
A5判 192ページ
価格 756円 (税込)

CONTENTS
身近なふしぎ
 ● どうして新学期は四月からなの?
 ● 理科室のいすに、背もたれがないのはどうして?
 ● 貨へいには製造年があるのに、なぜ紙へいにはないの?
 ● なぜ税金をはらうの? 税金はなにに使われるの?
 ● 自動車のナンバープレートに、使われない文字があるって、本当?
 ● 橋にも、入り口と出口があるって、本当?
 ● どうして書類には、はんこをおすの?
 ● 日本の国旗は、だれが決めたの? どうして赤い丸だけなの?
 ● どうして日本には、大統領がいないの?
 <わくわくコラム> 意外なものから開発された便利グッズ

世界のふしぎ
 ● 一パーセントの大金持ちが世界の半分のお金を持っているって、本当?
 ● アメリカから離れているのに、どうしてアラスカはアメリカなの?
 ● 中央アジアから西アジアには、なぜ〇〇スタンという国が多いの?
 ● 世界には、いくつの国があるの?
 ● 国境って、だれがどのように決めたの?
 ● 国が変わればルールも変わる!?世界のおもしろい法律大集合
 ● お金がないのに、どうして外国に援助するの?
 ● ニュースでよく聞く「円高」「円安」って、なに?
 ● クリスマスはイエスの誕生日じゃないって、本当?
 <わくわくコラム> 世界でやってはいけないNGハンドサイン

文化・歴史の話
 ● 「昭和」「平成」って、なぜ日本だけにあるの?
 ● どうして年賀状に「新春」って書くの?まだ春じゃないのに
 ● なぜ県だけじゃなくて、都や道や府があるの?
 ● どうして日本では、奇数のほうが縁起がよいとされているの?
 ● どうして女の人は、おけしょうをするの?
 ● 金閣寺は金色なのに、銀閣寺はなぜ銀色じゃないの?
 ● 番地のない時代に、飛脚はどうやって手紙を届けたの?
 ● 新しいものが好きな歴史上の人物はだれ?
 ● 静岡県は、なぜお茶の産地になったの?
 <わくわくコラム> 江戸時代の値段はいくら?

食べ物のひみつ
 ● 土用の丑の日に、なぜうなぎを食べるの?
 ● ごぼうを食べるのは、日本人だけって、本当?
 ● お米には、いろいろな種類があるけど、どんな特徴があるの?
 ● 日本のギョーザと中国のギョーザは、ちがうって本当?
 ● アスパラガスは、みんなオスって本当なの?
 ● サケの身は赤く見えるのに、白身魚だというのは、本当?
 ● 学校の給食は、いつごろから始まったの?
 ● なぜファーストフード店の看板は、赤色やオレンジ色が多いの?
 <わくわくコラム> ちょっと通な おすし用語

ことばのふしぎ
 ● どうしてアメリカを米国、イギリスを英国と書くの?
 ● メールアドレスの「@」の意味は、なに?
 ● ひらがなは四十六文字なのに、なぜ五十音っていうの?
 ● 京都の左京区が右に、右京区が左にあるのは、なぜ?
 ● 日本の色は、赤、黒、白、青の四色しかなかった!?
 ● 「×」の読み方はバツ?それともペケ?「×」には色々な意味がある
 ● 電車に書いてある「モハ」とか「クハ」って、なに?
 ● 九州には七つの県しかないのに、どうして九州っていうの?
 <わくわくコラム> すもうから生まれたことば
同一ジャンルの本