キーワード検索
詳細検索





10分で読めるわくわく社会 小学1・2年

社会には、みなさんが知らないことがいっぱいあります。知っているようで、知らないこともたくさんあります。
みなさんもこの本のとびらを開いて、まだ知らない社会の真実をさがしてみませんか? きっとだれもがわくわくするはずです。
「ノーベル賞って何?」「海賊って今もいるの?」など、身近な疑問から社会への関心が高まる楽しいお話が満載。朝読書にもおすすめします。

山下 真一 監修

ISBN:978-4-415-32506-4
2018年06月21日発行
A5判 192ページ
価格 756円 (税込)

CONTENTS
みぢかな ふしぎ
 ● どうしてえんぴつは六角形で色えんぴつは丸い形が多いの?
 ● 古くなったり、やぶれたりしたお札はどうなるの?
 ● 時計のはりはどうして右回りなの?
 ● 内びらきと外びらきのドアがあるのはなぜ?
 ● 四つばのクローバーを見つけると幸せになるというのはどうして?
 ● トランプのマークにはなにか意味があるの?
 ● ふじ山は山梨県と静岡県のどちらの山なの?
 ● どうしてテレビにはコマーシャルが入るの?
 ● ぼくにもつけられた番号、マイナンバーってなに?
 <わくわくコラム> 町で見かけるマーク

せかいの ふしぎ
 ● サンタクロースはふだんどこにいるの?
 ● 南きょくはどこの国のものなの?
 ● 「海ぞく」って、本当にいたの?
 ● 海には宝物がいっぱいあるって本当?
 ● せかいのお金にはどんなものがあるの?
 ● 外国に行くとトイレってちがうの?
 ● 地きゅうのまわりはゴミだらけって本当?
 ● 日本の歌だと思ったら、外国の歌だった!
 ● 「ノーベル賞」って、なにがそんなにすごいの?
 <わくわくコラム> せかいのじゃんけん

ぶんか・れきしの話
 ● どうして「ゆうれい」には足がないの?
 ● 「うらしまたろう」はおじいさんになったあと、どうなったの?
 ● むかしの人はどうして「ちょんまげ」をしていたの?
 ● なぜお正月に「お年玉」をもらえるの?
 ● 「十二支」ってなに? どうして「ねこ年」がないの?
 ● おにのパンツはどうしてとらのもようなの?
 ● お経をあげるときに、「木魚」をたたくのはなぜ?
 ● おそうしきのときに黒い服をきるのはなぜ?
 <わくわくコラム> いろいろな神さま

食べものの ひみつ
 ● ガムとチョコレートをいっしょに食べるととけるって本当?
 ● カップラーメンができるまではなぜ三分なの?
 ● パスタとスパゲッティ、なにがどうちがうの?
 ● イタリアにはナポリタン・スパゲッティがないって本当?
 ● インドのカレーと日本のカレー、少しちがうのはどうして?
 ● どうして節分に豆をまくの?
 ● 回転てんずしはなぜ右回りなの?
 ● いつから箸をつかいはじめたの?
 <わくわくコラム> おせち料理

ことばの ふしぎ
 ● 「こんにちは」ってどういう意味があるの?
 ● チューリップはかんちがいから名づけられたて本当なの?
 ● サッカーのイエローカードとレッドカードはどうしてできたの?
 ● どうして犬の名前は「ポチ」、ねこの名前は「タマ」が多いの?
 ● ウサギは鳥ではないのに、なぜ一羽、二羽と数えるの?
 ● おまじないの「ちちんぷいぷい」ってどんな意味があるの?
 ● 黒板はみどり色なのに、どうして「黒(い)板」と書くの?
 ● 九九は九のだんからはじまっていた!?
 ● お金をあつかうのに、どうして「金行」ではなく「銀行」なの?
 <わくわくコラム> 日本語になった外国語

同一ジャンルの本