キーワード検索
詳細検索





マンガでわかる!相続税のすべて ’17~’18年

事前に準備しておきたい相続財産の評価から、相続開始後の相続税の計算、申告書の描き方まで網羅。書き込み式シートやビジュアル解説でスッキリ理解。
贈与、二次財産、小規模住宅の特例など、生前から準備できる効果的な節税法をしっかり説明。手続きの流れや注意点は、具体例を交えながらマンガ+図解でスラスラ読める。
最新法改正に対応。オールカラー。

須田 邦裕 監修

ISBN:978-4-415-32390-9
2017年07月11日発行
B5判 176ページ
価格 1,620円 (税込)

CONTENTS
◇ マイナンバー制度と平成29年最新情報をチェック
◇ 「いざ相続」の流れをチェックしておこう
◇ すっきり相続税を理解するための10大ポイント
◇ わが家の相続税額の目安・早見表

【PART1】 相続税とはどんな税金?
 ● 財産を相続した人には税金がかかる
 ● 相続税の対象となる財産とならない財産がある
 ● 3000万円+1人600万円までなら課税されない
 ● 配偶者と子どもは必ず相続人になれる
 ● 相続財産の分割方法の基本は法律で決まっている  ほか

【PART2】 相続財産の評価
 <書き込みシート> 財産リスト
 ● 宅地の評価額は「路線価」、または「倍率」で計算する
 <税金知識> 路線価の画地調整
 ● 借りた土地、貸した土地は評価額が大きく下がる
 ● 住んでいる家の敷地なら、評価額を8割下げられる
 ● 家屋の評価額は「固定資産税評価額」を調べる  ほか

【PART3】 相続税の計算と申告
 ● 財産全体の税額を算出して、各相続人で分担する
 <計算シート> 相続税の計算
 ● 配偶者なら1億6000万円、または法定相続分まで非課税
 ● 未成年者や障害者がいれば、一定額を差し引ける
 ● 相続が続いた場合、相次相続控除を受けられる
 ● 申告は相続人全員で協力して10か月以内を厳守する  ほか

【PART4】 贈与税とはどんな税金?
 ● 「無償」でもらった財産には税金がかかる
 ● 「基礎控除額」をコツコツ贈与すれば節税につながる
 ● 結婚20年以上でマイホーム贈与なら2000万円まで非課税になる
 ● マイホームの資金贈与なら700万円まで非課税になる
 ● 生前贈与のとき、2500万円まで税金がかからない
 <計算シート> 相続時精算課税制度の計算  ほか

【PART5】 上手に残す/受け取る
 ● 円満で有利な相続には生前からの準備を!
 ● 現金より「物」が有利、不動産なら「建物つき」が有利
 ● 相続人の数を増やせば基礎控除額も増える
 ● 「この次の相続」を考えると意外な損得が見えてくる
 ● 非課税枠を使えるうえ、納税資金の確保にもなる
 ● 遺言書で分け方を決めておけば相続トラブルを予防できる  ほか

【PART6】 「いざ相続」で知っておきたい基本知識
 ● 死亡届は7日以内、続いて年金や保険の手続きを
 ● 世帯主が亡くなった場合は「世帯変更届」も提出する
 ● 遺族年金でもらえる額はケースによって異なる
 ● 生命保険は「権利」を引き継ぐケースもある
 ● 遺言書を見つけても勝手に開けてはいけない
 ● 「物」で分割するか「お金」にして分割するか  ほか

【巻末特集】
 ● 確定申告で役立つ 所得控除の適用チェック表
 ● わが家の評価額は? 路線価・計算シート
 ● 取引相場のない株式の評価方法・簡単判定チャート
 ● 種類によって違う公社債の評価方法
同一ジャンルの本