キーワード検索
詳細検索





京都鉄道博物館を攻略

ミッションは、大阪・交通科学博物館はじめ各地の工場・運転区所等で保存されていた数々の歴史的車両を京都鉄道博物館に移すこと。車体と台車を分離し、整備の上、深夜の国道を京都へ。列車で到着した車両も館内への搬入は重機による。周到な準備に加え、現物あわせの据え付けは最新の注意が必要だった。
「義経号」搬送開始からまる2年。無事完了した前代未聞の車両搬入大作戦。その全貌を収録。
近代蒸気機関車19両をはじめ、新幹線電車から古典機・貨車まで総数53両の展示車両全紹介。
その他、本邦初の現役車両展示に実際の車両検修公開の迫力など、京都鉄道博物館の見どころと楽しみ方を満載。

鉄道ジャーナル編集部

ISBN:978-4-415-32175-2
2016年05月10日発行
A5判 144ページ
価格 1,296円 (税込)

CONTENTS
 ♦ 見る、さわる、体験する 新感覚の鉄道博物館

◆ 車両搬入大作戦の一部始終

【移送・搬入作業で見る各車のプロフィール】
  • 233
  • 1080
  • 1801
  • 7105 「義経」
  • EF58 150
  • EF52 1
  • DD54 33
  • キハ81 3
  • マロネフ59 1
  • スシ28 301
  • クハ86001
  • モハ80001
  • 0系新幹線電車  ほか

【近代蒸気機関車のラインアップ】
  • 8630
  • 9633
  • C51 239
  • D50 140
  • C53 45
  • C11 64
  • C55 1
  • C56 160
  • D51 1
  • D51 200
  • C57 1  ほか

♦ 歴史を秘めた機関車のナンバープレート

◆ 京都鉄道博物館の見どころ
同一ジャンルの本