キーワード検索
詳細検索





成功する 株式会社の設立手続きと運営がわかる本

自ら会社をつくり事業アイデアを実現しようという人などに向け、会社を設立して、運営していくために必要な手続きや、必須業務を1冊にまとめました。経理等の事務のポイントもやさしく説明。
設立の流れから運営のツボまで、知りたいことがすべてわかる!
各種書式の記載例、定款サンプルを掲載。

成美堂出版編集部

ISBN:978-4-415-32059-5
2016年03月22日発行
B5判 224ページ
価格 1,620円 (税込)


正誤情報やダウンロードはこちら

CONTENTS
【巻頭特集】
  • 会社設立までの流れを押さえておこう
  • 会社を立ち上げる人に必要なもの
  • 株式会社は「簡単」につくれる
  • 会社設立の必要書類リスト
  • 個人事業から「法人成り」の手続きポイント
  • 「設立してからが重要」会社運営7つのポイント

【第1章】 株式会社をつくる基礎知識
  • 会社には4つのタイプがある
  • 株式会社のメリットとデメリットを知っておく
  • 話題の「合同会社(LCC)」も検討しておこう
  • 会社の所有者は株主、運営するのは取締役
  • 事業内容によっては許認可が必要になる

【第2章】 会社設立の準備と手続き
  • 事業計画書をつくろう
  • 資金計画を立てよう(設備資金と運転資金)
  • 事業に欠かせない4つの印鑑をそろえる
  • 会社設立までには約30万円の費用がかかる
  • 不足資金は、金融機関からの借り入れを検討する
  • 会社の形を具体的に絞り込んでいこう
  • 定款は会社の「憲法」
  • 定款が完成したら「認証」を受ける
  • 設立登記で会社を成立させる
  • 登記の申請に必要な書類を用意しよう  ほか

【第3章】 設立後の届け出・総まとめ
  • 届け出や手続きに行く場所を確認する
  • 会社の口座を開設する
  • 会社を設立したことを届け出る
  • 青色申告のメリットを確認しておこう
  • 「棚卸資産の評価方法」をあらかじめ届け出る
  • 「焼却方法」を選んで届け出る
  • 従業員のいない会社も「給与支払事務所」となる
  • 源泉徴収事務の負担を軽くできる
  • 消費税に関する届け出を行う場合もある
  • 自治体へも設立の届け出をする  ほか

【第4章】 事業を軌道に乗せる1年目のツボ
  • 会社のお金と個人のお金はしっかり区別する
  • 会社のお金は毎日正確に管理する
  • 請求書はひと目で支払金額がわかること
  • 領収書には「書き方ポイント」がある
  • スキのない契約書のひな型を用意する
  • 保存期間が法律で決まっている書類がある
  • 帳簿は毎日こまめにつけるのがコツ
  • 会計ソフトを活用して経理負担を小さくする
  • 最低限知っておきたい複式簿記と仕訳の知恵
  • すべての取引は「勘定科目」で区分する  ほか

【第5章】 事業を成功させる2年目からのポイント
  • 資金をショートさせない「資金繰り」ポイント
  • 決算データで経営分析ができる
  • 採用ポイントは事前に検討しておく
  • 労働時間や休日は法律で決まっている
  • 従業員を雇ったときの手続き一覧
  • 従業員が退職したときの手続き一覧
  • 就業規則は会社のルールブック
  • 従業員の社会保険加入手続きは5日以内に  ほか

【巻末特集】 図解でわかる会社の税金知識
  • 法人税
  • 法人住民税 / 法人事業税
  • 所得税 / 住民税
  • 消費税
  • 固定資産税
  • 印紙税 / 登録免許税
  • 1年間の税金スケジュール・チェック表
同一ジャンルの本