キーワード検索
詳細検索





new!

福祉住環境コーディネーター検定試験®2級 重要項目 ’17年版

「福祉住環境コーディネーター®検定試験2級」で必ず覚えておくべき重要項目について、『2級公式テキスト改訂4版』の内容を分析して、コンパクトに解説。試験直前にも威力を発揮する一問一答チェック問題も掲載。
暗記ポイントと答えを隠せる赤シートつき。元公式テキスト作成委員が監修。

成田 すみれ 監修   コンデックス情報研究所 編著

ISBN:978-4-415-22462-6
2017年02月24日発行
A5判 296ページ
価格 1,728円 (税込)

CONTENTS
◇ 「福祉住環境コーディネーター検定試験2級」傾向と分析
◇ 本書の効果的な使い方
◇ 福祉住環境コーディネーター検定試験2級 試験ガイダンス

【1章】 高齢者や障害者を取り巻く社会状況と福祉住環境コーディネーターの意義

 1、高齢者の生活状況と住環境整備
 2、住環境整備の重要性・必要性
 3、介護保険制度の概要
 4、高齢者向けの住宅施策の変遷と概要
 5、障害者の生活と住環境   ほか

【2章】 障害のとらえ方と自立支援のあり方

 1、障害の定義ととらえ方の変遷
 2、ICFの障害のとらえ方
 3、高齢者の生活機能の低下と予防・リハビリテーションのあり方
 4、地域包括ケアと地域リハビリテーションの必要性
 5、高齢者の身体的特性   ほか

【3章】 疾患別・障害別にみた不便・不自由と福祉住環境整備の考え方

 1、高齢者に多い疾患の特徴
 2、脳血管障害
 3、廃用症候群
 4、骨折
 5、認知症   ほか

【4章】 相談援助の考え方と福祉住環境整備の進め方

 1、介護保険制度とケアマネジメント
 2、福祉住環境整備におけるアセスメント
 3、相談援助の基本的視点
 4、相談援助の方法
 5、関連職とのかかわり方   ほか

【5章】 福祉住環境整備の基本技術および実践に伴う知識

 1、段差の解消
 2、床材の選択
 3、手すりの取り付け
 4、建具への配慮
 5、スペースへの配慮   ほか

【6章】 在宅生活における福祉用具の活用

 1、福祉用具とは
 2、福祉用具の選択・適用のプロセス
 3、起居・就寝
 4、移動
 5、排泄   ほか
同一ジャンルの本