キーワード検索
詳細検索





税金でトクする!確定拠出年金 活用ガイド

2017年1月から加入対象者が大幅に拡大され、注目を集めている確定拠出年金を徹底解説。
制度のしくみから加入方法、おすすめ金融機関、運用のポイントなど、加入にあたって知っておきたい情報をビジュアル解説。
節税効果バツグンの確定拠出年金で老後資金をしっかり準備しましょう!

株式会社家計の総合相談センター

ISBN:978-4-415-11245-9
2016年11月09日発行
A4変判 160ページ
価格 1,296円 (税込)

CONTENTS
【巻頭特集】
  • 加入できる人が増えて、確定拠出年金が再注目
  • 老後資金はすべての人に必要になる資金
  • 確定拠出年金は自分で自分の年金をつくる制度
  • 活用しないと損!?節税しながら老後資金準備
  • 確定拠出年金法の主な改正内容を確認!
  • 老後資金の準備はいつから?早く始めた方が有利?!

【PART1】 確定拠出年金のしくみ
  • そもそも確定拠出年金とはどんな制度?
  • 将来の受取額は、自分の運用次第!
  • 最大のメリットは、掛金に税金がかからないこと
  • 掛金の所得控除でどれだけ得する?ケーススタディ
  • 運用収益にも税金がかからない!
  • 申し込みはどこで行う? 運用管理機関って何?
  • 加入を検討する前に退職金制度をチェック!
  • 企業型と個人型 その違いは何?
  • 個人型確定拠出年金とそのほかの年金制度  ほか

【PART2】 金融機関の選び方
  • 確定拠出年金はどこで開設する?
  • 選択のポイント
  • 運用スタイル・タイプで金融機関を選ぶ
  • 金融機関の例

【PART3】 金融商品の選び方
  • 元本確保の有無で運用商品を選ぶ
  • 元本確保型商品
  • 確定拠出年金で利用する投資信託とは?
  • 投資信託の分類
  • ガイドブックやWEBサイトを利用した運用実績の見方
  • 投資信託にかかる3つのコスト
  • リスクとリターンを理解する
  • リスクをコントロールして上手につきあう
  • 商品選択までのステップ
  • 運用がスタートしたら定期的に見直す

【PART4】 年代・ケース別 確定拠出年金の活用法

 ♦ 自分の公的年金を調べよう
  ● 公的年金の種類
  ● 公的年金の計算方法
  ● 「ねんきん定期便」で確認
  ● 「ねんきんネット」を活用
  ● 受取額をイメージしよう

 ● 老後資金の不足額をシミュレーションしよう
 ● 老後資金の目標額を決めて運用方法を考える
 ● 年代別活用例
 ● ケース別

<巻末資料>
  • 将来を予想することはできますか?
  • 表1: 複利運用でどれだけ増える?
  • 表2: いくら得する?節税メリット簡単計算の例(給与所得者)
  • 表3: いくら得する?節税メリット簡単計算の例(事業所得者)
  • 表4: 60歳以降の不足額の計算の例(60~85歳)
同一ジャンルの本